ブランド買取のしくみとサービスを学べるページ

仕組みとサービスを知って上手に利用しよう

ブランド買取業者と売り手の関係とは

ブランド買取りは、ブランド品を現金に変えることができる便利なサービスです。 ブランド買取りといっても質屋が行っているものと専門業者が行っているものがあります。 質屋の場合には比較的、地方でも見かけることができますが、専門業者の場合には都会を中心に店舗を構えているところも多く、また近年ではフランチャイズ化しているところもあります。 各業者ともブランドに精通した担当者が査定をしますが、ブランド品の場合にはその査定価格が担当者によって変わってくるため、高く売りたいといった場合には業者を見極める必要があります。

ブランド買取りを行ってもらう方法としては、直接、お店に持ち込んでその場で査定してもらう方法が一般的です。 基本的にその場での現金買取りが原則であるため、その場での現金化が可能というメリットがあります。

またこのほかのブランド買取りとしては出張査定買取りや宅配便による買取りがあります。 この場合にはお店に持ち込む必要がないので便利ですが出張買取の場合には査定員を家に招き入れる必要があります。

また宅配便の場合には査定後にその価格に不満であれば返送してもらうことも可能ですが、返送費用が掛かってしまうといったデメリットがあります。 ただ宅配便の場合にはブランド買取りよりも多くあるブランド品を手軽に処分したいといった売り手のニーズもあり取り扱いを行っているところも増えてきています。

なお、ブランド買取りを利用した場合には、古物の売却であるため法律にもとづいて身分証明ができる書類を提出する必要があります。 とはいえ、厳密なものではなく一般的な運転免許証のほか、保険証や学生証、年金手帳など公的な機関が発行しているものであれば、問題ありません。 また民法との兼ね合いで原則として18歳未満の人は利用できません。 また質屋の質入れを除けば買取契約を結んだ時点で、所有権が移るため買取ってもらった金額で取り戻すといったことはできません。

基本的には、ブランド買取りされたブランド品は中古ブランド品を扱っている業者に転売されることになります。 質屋の場合には自社で販売されるケースもありますが、ケースとしては稀です。 中古ブランド品はオークション形式で売買されます。 以前は国内で流通するだけでしたが、近年は中国など周辺諸国からのバイヤーも多く参加するようになってきており、価格が上がる傾向にあります。 このため、近年のブランド買取りは売り手にとって有利な状況になっています。

Copyright(C)2015 ブランド買取のしくみとサービスを学べるページ All Rights Reserved.